メール術

最近では仕事の内容をメールでやり取りする事が多くなってきましたよね。
そこで仕事で使える基本的なメール術を紹介してみましょう。

まず、相手のメールへの返信は一時間以内に。
忙しいから後から、と言っていると返信を忘れてしまう事って多いと思います。
メールの返信が早ければ相手に信頼感を与える事が出来ます。

そしてメールボックスの整理をする。
スパムメールなどが残っていたり、どのメールが重要なのかがわからないと大切なメールを見落としてしまいます。

これらは基本的な事なのですが、出来ていない人多いのではないでしょうか。
まずは基本から始めてみましょう。
ところが最近は、メールマナー自体が見直されています。

メールマナーは誰が決めたのか、という初歩的な疑問は、実は誰にもわからないのです。
おそらく、ネット上での不快なビジネスメールのやりとりについての議論が発端なのかも知れませんが、時候の挨拶、なんてものはビジネスメールに必要ありません。

勝手知ったる取引先であろうが、新規取引であろうが、誰も時候の挨拶なんて気にしません。
それよりも商談内容の記述をさっさと始めるべきなのです。
くだらないことで時間を潰すから、メールは効率が悪い、などと言う人が出てくるわけですね。

形式に拘ると動きが鈍くなるのは、誰もが理解しているはずなのに。
メールマナーに詳しい、なんて人がいますが、眉唾物ですよね。

«
»