演劇

演劇というと、ちょっと敷居が高いように感じられて躊躇されるかもしれませんが、だまされたと思って一度行ってみてください。
特に著名な劇団の名作を観劇してみると、その価値観は一変します。

芝居というとテレビや映画で見ているからと思っていても、その臨場感と客席と俳優との一体感でハマること間違い無しです。
やはり生の迫力というか空気感は現場に足を運んだ人しか解らないかとおもいます。

最近では演劇自体を録画して映画館で放映するという事もやっていますので、一度見に行って興味を持たれた方は出かけてみてください。
常設会場が用意されている劇団は、一味違いますね。

ライオンキングやオペラ座の怪人などを見ましたが、圧倒的な迫力とその臨場感は、これまで体験したことがありませんでした。
学芸会レベルの演技しか体験の無い人は、あまりの違いに、プロの芸というものを再認識することでしょう。

不自然でない、自然な立ち居振る舞いが、あたかもリアルなものとして目に入ってきます。
チケット代以上の何かを掴むことでしょう。

さて、劇団員のイメージは、売れない、アルバイトで生計を立てる、などが多いかもしれませんが、確かに自分自身の精進と運が未来を切り開くとあって、非常にシビアな世界ですよね。
努力なのか才能なのか、何が分かれ目なのか、さっぱりわからないものです。

楽しむダイビング
石垣島で楽しむダイビング
はるばる日本で一番遠い石垣島まで行くのならダイビングを心底楽しもう
www.blue-water-divers.jp/
関連:www.marie-de-mazet.com

«
»