母親の仕事

母親の年齢は五十代半ば。
もうそんな歳かと思う。
今や還暦を迎えても働く人も多いが、母親はどうするだろうと最近考える。

女手一つで姉妹二人を育ててくれたが、私がまだ学生時代のときなどはとくに大変だっただろう。
毎日夜中までサービス残業で会社にいる生活で、今思うとブラック会社だった。

姉妹が社会に出てからは、派遣社員として割と責任の軽い仕事に転職した。
そのおかげで、土日にはバスツアーや祖母と美術館に出かけたりと、充実した毎日を送っている。

父親がいる頃のはなしだが、母親は専業主婦の状態が嫌いで、私が幼稚園を卒園するとすぐに働きだした。
家計のことよりも働きに出ることが好きだからだという。

そんな姿を見ているので還暦過ぎても働ける所があれば再就職するのだろう、と軽く考えていたが、早く楽にさせてあげてねと祖母から最近言われた。

でも、どう考えても100歳近くまで元気でいそうな母親はもうちょっと働きたいと考えているんじゃないか。
キツくても働くことが好きだと言うのは、娘に対する強がりなのだろうか。

そう考えると、私ももっともっと頑張って楽にしてあげなくてはいけないと感じる。
結果として、本人がどう生きていきたいのかを尊重することか、親孝行の最もな形だと思う。
親孝行の押し付けはいかがなものかと。

親孝行しろと「したり顔」で言う連中は、はっきり言って偽善者と見なしている。
その言葉を口に出せば、良い事を行っているとしか考えていない薄っぺらな連中とは、交わりたくないのである。

働くこと生きること
安価な就業管理システム
面倒なセットアップなしで全従業員のパソコンから利用可能。
biz-work.jp/
関連:www.empreinteeternelle.com

«
»