朝を活用

頭が働きだす時間は、起きてから3時間後からだと言われています。
ところが、最近の会社員の中では、朝に仲間と集まって自己啓発のための勉強会などに参加する動きがあります。

いろいろな職業の人との話の中で、頭が活性化されるのではないでしょうか。

朝の活動だから「朝活」と言うのだそうですが、24時間営業の喫茶店の一角などで繰り広げられているようですね。
専門のスペースを設けているお店もありそうですが、仕事の前に疲れないのかを尋ねると、より仕事にスムーズに入ることが出来るらしいのです。

もちろん朝の苦手な人や前日の仕事が遅くて睡眠不足であるとか、参加し始めはいろいろと言い訳をする人が後を絶たなかったのが、今では、一切何も言わなくなっているというのです。
習慣づけすると身体が勝手に動くのでしょうね。

習慣づけられるまでが、ちょっとだけしんどいのでしょう。
ここで多くの人が、どうせ役に立たないなどの理由をつけて逃げていくのですよ。

朝9時から仕事を始めるとしたら、6時には起きておかなければならない計算ですよね。
そこで思い切って5時に起きて8時に出勤してみてはどうでしょう。

一説には朝の2時間は夜の5時間分に相当するらしいのです。
夜に残業するくらいなら朝早起きして、午前中に集中して残業を減らした方が時間的にも効率がいいですよね。

早く帰れた時間は自分の為に使ってあげましょう。
明日からの仕事への活力も違ってくると思いますよ。

«