映画

映画はレンタルで見るという人が大多数だとおもいますが、映画館派の私は是非映画館で観る事をお勧めします。

なぜかというと、音響が自宅より格段に良いのと、大画面!という事ではないでしょうか。

最近では大型テレビも普及して5.1chスピーカと組み合わせる事によって自宅でも映画館のような臨場感を味わえますが、やはり本物には到底及びませんよね。

ただし、映画館で自宅感覚の人がたまにいますが、携帯電話や私語は厳禁です。
このような場所の身の弁え方こそが、マナーであり、親から子へと受け継いでいくべき社会生活に関する教育のひとつでしょう。

相手の立場を考えて行動出来る人と、そうでない人がいますので、画一的なやり方では、バラツキが出るのも当たり前です。
だからこそ、躾けの範疇にも入る訳ですね。
マナーを守って楽しく観ましょう。

映画館は現象傾向にあるから、そんなマナーは必要ない、という極論を展開する人がいますが、非常に視野の狭い思考に陥っている証拠ですね。
映画館に限ったことではなく、美術館でもどこでもいいのですが、訪れる場所に応じて、やっていい事と悪い事の判断が出来るようになる事が目的です。

点の教育ではなく、線の教育ですよね。

映画のワンシーンで、ラスベガスで豪遊するところでは、日本は無いのに、なぜアメリカにはあるのか、という質問に答えることも親の務めです。
真相がわからなくても、ちょっとウイットに富んだ回答でいいのではないでしょうか。

映画に出てくるようなオシャレな自宅がうらやましい。

»