毛穴のケア

毛穴の黒ずみは、毛穴の角栓が原因といわれており、角栓は毛穴から分泌される皮脂と、古い角質が混じり合ってできる固まりの事です。

この角栓と皮脂が酸化して黒色に変色した物が黒ずみの原因なのです。
なるべく皮脂の分泌量を減らし、清潔に保つことで毛穴に角栓をつくらない事が重要だと言えます。

では出来てしまった黒ずみはどうケアすればよいのでしょうか。
お金をかけず、一番簡単な方法が洗顔といえるでしょう。

まず毛穴が開いた状態にして洗顔に備えます。
蒸しタオルを2〜3分程度顔にのせるだけでも効果的です。
そして洗顔石けん等を良く泡立てて、ゴシゴシこすらずやさしく洗顔をします。

重要なのがすすぎです。
最低30回はすすいでください。
不十分だと意味がないのです。

最後に清潔なタオルで水分を拭き取った後に、化粧水と十分な保湿をします。
これなら毎日の洗顔で簡単にケアすることができますよね。

この記事は、とあるブログに書かれてあったことで、移動中の高速バスの中で読んだのですが、30回もすすぐなんて、あまりにも非現実的で直ぐに読むのを止めました。

実際に通っているエステのスタッフに聞いてみると、洗う事は悪い事では無いが、限度というものがあると、呆れていました。
確かにそう思います。

忙しい時でも、エステのスタッフはテキパキと働いていました。
シフト管理が大変だとは言ってましたけどね。

«