ドライブ

アイサイトで、高速道路の走行と、渋滞時の走行を試しました。まず、最高速度をセットします。
どんなに前があいても、これ以上は、スピードを出さないという速度です。
もちろんセットできる速度の上限も決まっているようです。

そして、そのセットを行うと、画面には、自分の車と前を走る車のイラストが出ていて、その距離がわかります。
距離が縮んでくるとそれに合わせてスピードを落としていきます。
距離が広がるとスピードを設定速度以内で上げていきます。

これは面白いですよ。
ブレーキの掛け方やアクセルの踏み方のタイミングが自分と違うので、少し気にはなりますが、それ以外はびっくりするほどのコントロールです。

車間距離を保っていると、隣のレーンから車が入ってくることがありますよね、その場合も対応します。
その入ってきた車を認識して、速度を落とすのです。

これは、渋滞の時に役に立ちまず。あののろのろ運転を車が自動でやってくれるからです。
ふいに渋滞が緩和した場合も対応してくれます。前の車が走り出すと、一緒にスタートしてくれるからです。
私は何をするかといえば、ハンドルを握って、車線を変更する必要があれば、それに対応するということだけです。

あとは一度止まってしまうと、設定は終了してしまうので、ブレーキを踏み、そのあと必要に応じてアイサイトの機能をセットするということくらいです。

とはいえ、ここまでやってもらうとやることがなくなるので、ある程度アイサイト機能を堪能した私は、やっぱり元の運転に戻って、ドライブを楽しみました。

«
»