ビール飲み比べ

先日、健康ランドの居酒屋に行くと、ビールの飲み比べというメニューがありました。
ビールの飲み比べは、地ビールを作っているところにいくと、よく一口サイズで数種類の味が楽しめるメニューがあります。
ところがこのメニューは、味を比べるものなので、あんまり冷えていないのです。

ところが、今回のビールの飲み比べは、そんな味を比べるというのではなく、「おいしさ」を比べるものでした。
一つは、エクストラコールド、そしてもうひとつが、フローズン生。
2つのひえ比べというか、どちらが湯あがりにおいしく飲めるかなのです。

正直に言えば、両方冷たくておいしかったです。
一応妹と二人で半分ずつ飲むということにしましたが、結局再オーダーしました。
同じビールの飲み比べでも、味より冷たさを比べるのって面白いとおもいませんか。

巷では、どれくらいビールが冷えているかによって、そのお店の評判も変わるのだそうです。
ジョッキで飲むにしても、冷凍で頃らせてあるジョッキは、すぐに通常とかわらなくなったとしてもおいしく飲めるような気がします。
これらは、単に見た目の問題かもしれませんが、その演出っていいですよね。

実は、我が家には、もらい物のジョッキが2つあるのですが、どちらも冷凍庫が定位置になっています。
そして、その日の気分で、どちらかジョッキを使うというのが、私のほんのちいいさな贅沢です。
飲み終わった翌朝に洗っておいたものを、冷凍庫に入れながら、今夜また飲めるぞと思えるのっていいですよね。

«
»