中華料理

中華料理の歴史はどうなのでしょうか。

よく聞くのは4000年の歴史というフレーズですが、それはともかく、中華料理は見た目も華やかですね。

繰り返しますが、中国四千年の歴史〜〜なんてフレーズを良く耳にする事も多いかと思います。
中華料理に欠かせない唐辛子や、ピーマンなどは中国に伝わったのは16世紀ごろといわれており、オイスターソースにおいては、19世紀に入ってから開発されたと言われています。

中華料理とはもともと海外の食材を積極的に取り入れていくのが特徴とされているのです。

日本国内において中華料理とは日本人に合わせて味付けをしてある料理の事で、中国人向けの味付けをしてあるお店は中国料理と分類されているようです。
初めて知った時は驚きましたね。

知らない事を知る瞬間って、なんとも言えない興奮があります。
知的欲求が満たされるからでしょうか、やはり学習は脳に良いのでしょうね。

「私は勉強できなかった」と謙遜の意味で言う人はいると思いますが、受け取る人によっては、金銭的な問題で学業を断念したのか、そもそも学習意欲に問題があったのか考えるのではないでしょうか。

どちらにしろ「謙遜」と捉えられる事は少なく、「この人は知的欲求に問題がある」と思われるかもしれません。

逆にメガネをかけているだけで、勉強が出来ると判断されるのもどうかと思います。
メガネからコンタクトに変えただけで、色気づいたと言われるのも何だか意味不明なんですけど、日本人ってどうしてくだらない事ばかり口に出すのでしょうね。

«
»