占い

困った時の神頼みならぬ占いだのみ!
恋愛で行き詰まったら友達に相談する、そして占いに行ってみるというのはお決まりパターンでしょうか。

私もよく占いにいくのですが、誰にも言えないような事を占い師さんに聞いてもらうだけで心が軽くなった気がします。

これは一種の心理カウンセリングなんじゃあない?って思ってしまいました。
もちろんちゃんと占いでアドバイスをしてもらいますよ。
そのバックデータが信用出来ないという人もいますけどね。

でも最後に決断するのは自分自身なので、決断のきっかけになればいいのです。
当たるも八卦当たらぬも八卦って言いますから、自信を持って前進したいなあと。
そもそも占いの的中を期待している考え方が、既にダメ思考なのかもしれませんけどね。

何かに依存すると、自分で考えたり行動することが出来なくなってしまうし、それで失敗すると他人のせいにしたりするクセが付いてしまう。

責任転嫁する人は、依存体質なのかもしれないですね。

単純に責任という意味を知らない人も多いですが、同じステージに立ってはダメですね。
一緒にされたくない。
やはり真っ当な考え方をしてる人同士は引き合うものです。

だから二極化していくんですよ、結局は。
質の良い方に居たいですね。

やってみたいこと

死ぬまでにやっておきたい○個のこと、というのが一時はやった。
死ぬまでに行っておきたい○個の場所、とか。
インパクトのある文句であるが、死んだら何もできないので、結局は言ってみれば人生でやってみたいこと、行ってみたい場所、のリストアップということである。

私にもやってみたいことがある。
お釜一杯のご飯を一人で抱えて食べてみたいし、チョコレートの風呂にも入りたい。
化石も掘ってみたいし、水族館の飼育員にもなりたい。
でも、何と言っても、博打のあねさん役をやってみたい。
あの時代劇でよく見る、「はったはった」のあのあねさんだ。
そういえば賭博ってのはどうして違法なんだろうか。
パチンコだって競馬だって競輪だって、何でもギャンブルなんだから同じようなものだと思うけれど。
依存して身代を崩すことが多いのだろうか。
確かに見た感じでは、大分アングラな感じはする。
ちなみに、私は決してギャンブルをやりたいわけではない。
ただ単に、「よござんすね」が言いたいだけである。
片肌抜いて、あの何て呼ぶのか分からない編んだコップみたいのをひっくり返して、「二の五の半」とか言ってみたい。
だから、実際にああいう職業というより、あの「役」をやりたいのだろう。
ということは、俳優を目指さなくてはならない。
それも、時代劇専門のやつ。
…ちょっとオーディションで通る自信がないから、家でこっそりまねしていよう。
それにしても、ピンポイントであの役をやるというのはなかなか難しそうである。
実際その役をやっている人はどうやって決まっているのか、裏側を覗いてみたいものだ。

クジで大金をゲット
セット球の研究にはロト7専門サイト
セット球を中心にロト7の予想を楽しむ人にはコチラから出目表も一覧可能。7つの数字を選ぶには運と研究は必須。
www.hpfree.com/takarakuji/loto7.html
関連:www.cantorwolff.com

«
»